自分に似合う色(パーソナルカラー)の見つけ方は?タイプ別のメイク方法をご紹介!




自分に似合う色、似合わない色があるという事をご存知でしょうか?

例えば、「ピンクが好きだけど、服として着るには自分には似合わないと思う。」など、何となく自分の感覚で無難な色を選んでいませんか?

なんとなく好きな色はあっても、本当に自分に合った色を理解しているという人は意外と少ないのではないでしょうか。

私自身も、若い頃は好きな色のアイシャドウを使ったり、好きな色の服着たりと、自分が好きな色ばかり選んでいました。

けれども、「その色は似合わないよ。」「イメージと合っていない。」など、知り合いから言われることが多かったです。

自分に似合う色を探すのって難しい!ずっとそう思っていました。

しかし、ある方法で簡単に自分に似合う色を見つけることができるんです!

自分に似合う色のことを、パーソナルカラーと言います。

自分に似合う色「パーソナルカラー」を知っておくだけでも、普段のメイクや洋服選びが簡単で楽しくなりますよ!

今回は自分に似合う色を見つける方法や、タイプ別のメイク方法などについてご紹介します。

 

 




自分に似合う色の決まり方とは?

自分に似合う色は、生まれ持った体の特徴から決められます。特にメイクなどで重要となるのが肌と瞳の色の組み合わせです。

日本人の肌は主にブルー系とイエロー系に分けることができます。

赤みが出やすく、目の下のクマが茶色に近い人はブルー系、色素が薄くて目の下のクマが青色に近い人はイエロー系です。

また、瞳はこげ茶色や黒の濃い色と、明るくて優しい色の2つに分けることができます。

これらの組み合わせに診断することができるのが、4種類のパーソナルカラーです。

 

 

季節で分けるパーソナルカラー!自分のタイプはどれ?

パーソナルカラーは春夏秋冬の4つの季節のイメージで分けることができます。

パーソナルカラーの決まり方は以下の通りです。

  • イエロー肌・明るい瞳→ 春・スプリングタイプ
  • ブルー肌・明るい瞳→ 夏・サマータイプ
  • イエロー肌・濃い瞳→ 秋・オータムタイプ
  • ブルー肌・濃い瞳→ 冬・ウィンタータイプ

それぞれの特徴や似合う色などをチェックしてみましょう。

 

春・スプリングタイプ

スプリングタイプの人は、春らしい明るく爽やかな色が似合います。日焼けをしてもすぐに色白に戻ったり、肌や髪にツヤがあるのが特徴です。

具体的な色の種類では、オレンジやイエロー系、寒色系ではターコイズブルーやアップルグリーンなどの明度の高い色がオススメです。

色白で肌が薄い傾向にあるため、メイクでは明るい色を加えて、健康的で自然な印象をつくり出していくのがポイントとなります。

また、特徴である明るい目元を強調することで、大人の女性らしい優しさや可愛さを演出できるようになります。

チークやリップにはオレンジ系、アイシャドウにはイエロー系やキャラメル色を使うなど、明るい色同士でコントラストを生み出すようにしてみましょう。

スプリングタイプに似合う色

 

 

夏・サマータイプ

日本人で最も多いのがサマータイプです。肌に赤みが出やすく、少しクールだけど優しい雰囲気をまとっているのが特徴です。

サマータイプの人には柔らかい淡色がオススメです。上品さ溢れる大人な印象や穏やか印象をつくるのに向いています。

サマータイプの人は赤みを隠すために厚化粧をしてしまうことがありますが、肌の赤みは優しさを演出する役割があるため、隠してしまうと少し冷淡で近寄りがたいイメージになってしまうことがあるため、注意が必要です。

チークやリップにはピンクやストロベリーなどの優しい赤、アイシャドウにはラベンダーやパウダーブルーなどの柔らかい色が似合います。

逆に暗い色や主張の強い鮮やかな色は苦手としているため、避けるようにしましょう。

ファッションもコントラストを抑えて、できるだけ柔らかい色で揃えた方が、本来持っている魅力を引き出せるようになります。

サマータイプに似合う色

 

 

秋・オータムタイプ

オータムタイプの人には、深みのある暖色系や低彩度の落ち着いた色が似合うとされています。

もともとノーメイクでは疲れ気味や落ち込んだように見られることが多いため、紅葉のように落ち着いた明るさのある色を使って、ナチュラルな印象に仕上げていくことがポイントとなります。

逆に苦手としているのは青みが強い色や濃度が薄すぎる色です。メイクでこういった色を使ってしまうと、肌がくすんだり、青ざめた印象になってしまいやすいため、注意が必要です。

アイシャドウにはベージュや深みのあるカーキ色、チークには赤と黄色がベースのオレンジ系、リップにはサーモンピンクなどの大人を感じさせる色を使うことで、落ち着いた印象や知的な印象をつくり出していくことができるようになります。

ファッションでは黄色や赤の暖色系のほか、モスグリーンや少しゴージャスな濃いゴールド系なども似合います。

オータムタイプに似合う色

 

 

冬・ウィンタータイプ

ウィンタータイプはクールビューティーな印象の強いタイプです。

日本人には少ないタイプですが、目力があったり、顔立ちのはっきりとしたモデルや女優には多く見られるタイプです。

もともと瞳に強いコントラストがあるため、ノーメイクや薄いメイクでも個性が出やすいタイプになっています。

ウィンタータイプにはブルーベースの鮮やかな色や、ワインレッドやエメラルドグリーンなどのツヤのある色がよく似合います。

逆にあいまいでぼんやりした色や薄い色は、特徴である顔立ちの良さを消してしまうため相性が悪いです。

メイクではアイシャドウにシルバー、チークにピンク、リップやグロスには濃い赤など、顔のコントラストを意識してつくっていくことがポイントとなります。

ウィンタータイプに似合う色

 

 

まとめ

メイクも万能というわけではないため、自分の個性や特徴を活かした色使いをしてあげることが大切です。ぜひ「自分に似合う色」を知って、毎日のメイクやファッションを楽しいものにしてみてください。